日ノ丸産業株式会社

低公害車

電気自動車

 電気自動車は、バッテリー(蓄電池)に備えた電気でモーターを回転させて走る自動車です。このため、自動車からの排出ガスは一切なく、走行音も通常の自動車(ガソリン車やディーゼル車など)と比べて大幅に減少します。また、電気を作る際に、発電所から排出される分を考慮に入れても、NOxやCO2の排出は通常の自動車より少なくなります。

天然ガス自動車

 天然ガス自動車は、家庭に供給されている都市ガスの原料でもある天然ガスを燃料として走る自動車です。中でも、天然ガスを気体のままで圧縮して高圧ガス(CNG)として利用する天然ガス(CNG)自動車が世界的にも普及しています。天然ガスは、硫黄分などの不純物を含まないクリーンなエネルギーであり、PMや黒煙も排出されません。さらにディーゼル車と比較してNOxの排出量も抑制されています。

メタノール自動車

 メタノール自動車は、アルコールの一種であるメタノールを燃料として走る自動車です。メタノールは、都市ゴミやバイオマスからの合成も可能で、リサイクル性を備えたエネルギーであり、黒煙も排出されません。メタノール自動車には、ディーゼル車をベースに改造したディーゼルタイプと、ガソリン車をベースに改造したオットータイプの2通りがあります。また、使用燃料の面からは、純粋なメタノールを燃料とするタイプと、メタノールにガソリンを混合したメタノール混合燃料タイプの2通りがあります。

ハイブリッド自動車

  ハイブリッド自動車は複数の動力源を組み合わせて、低公害化や省エネルギー化を図った自動車です。動力の位置関係により3つの方式(シリーズ方式、パラレル方式、スプリット方式)に分けられますシリーズ方式は、エンジンに発電機を取り付けて発電を行い、電気で車両を走行させる方式です。パラレル方式は、エンジンとモーター等の複数の動力を切り換えて、または一方の動力を他方の動力が補完しながら車両を走行させる方式です。スプリット方式は、エンジンの出力を車軸への直接出力と発電機及びモータを介した間接出力とに分離し、両者の最適な比率に組み合わせて走行する方式です。我が国では、近年、低廉な小型のハイブリッド乗用車が開発販売され、広くユーザーに受け入れられています。

このページのトップへ